痩せ太りは隠れ高血圧?

見た目は太っていないのに、体脂肪が多いという体型の方は少なくありません。
このような痩せ太りの体型の場合、内臓脂肪が溜まっている恐れがあります。
人の体につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があり、このうち内臓脂肪は様々な病気を引き起こすリスクが上がるとして、問題視されている脂肪です。
内臓脂肪は名前の通り、内臓のまわりにつく脂肪です。

内臓脂肪が多くなる事で、起こる病気に「高血圧」が挙げられる事は、あまり知られていません。
内臓に脂肪が溜まっている状態だと、コレステロールの数値も高いケースがほとんどです。
コレステロールが高いと、血管壁にコレステロールが付着し、やがて動脈硬化を起こします。
動脈硬化は血管が硬くなる病気です。
血管が硬くなってしまうと、血液による圧力が血管にかかりやすくなり結果、高血圧を招くと言われています。

また、内臓脂肪は高血圧を引き起こす、物質を作るとも言われている脂肪です。
そもそも、脂肪細胞自体にはアディポネクチンという、血圧を下げたり動脈硬化を予防する物質を作っています。
ですので、脂肪は100%悪者ではありません。
しかし、内臓脂肪となると話は変わってくるようです。

内臓脂肪はアディポネクチンの分泌を、下げる働きを持っているのです。
アディポネクチンの量が減少する事で、インスリン効果も低下してしまいます。
インスリンは腎臓でのナトリウム排出を、サポートしてくれるホルモンです。
アディポネクチンが減り、インスリンの働きが弱まる事で、血中のナトリウム濃度が高くなり、より血圧は高くなります。

このように、内臓脂肪がついていると、これだけ高血圧を発症するリスクが高まるのです。
内臓脂肪は見た目痩せていても、ついている方も多い為、細い体型の方も高血圧には注意しましょう。

■薬服用前に知っておくこと
ノルバスクの特徴について
■高血圧は放置すると危険なので薬で早めに対策をとりましょう
アダラート